2014年5月22日木曜日


 ちょっと前にG+やFBでもつぶやいていたけど、春から北米ではナショナルジオグラフィックが小動物、爬虫類、熱帯魚飼育用品のライン販売を始めました。サイエンス系メディアとして長い歴史を持つナショジオがこうして新しいことに挑戦しているのはおもしろいと思う反面、日本の「ペットのコジマ」のようなチェーンストアが独占提携・販売をしていることについて「商業主義に走った」「そんなにお金ないの?」というような、辛口の批評も聞こえてきたり、良くも悪くも話題になっているようです。個人的に伝え聞いた話だと、アメリカのこのような小売店から購入された爬虫類の8割強は最初の1~2年を乗り切ることなく死んでいくそうなので、この企画は爬虫類の飼い方の基本について啓蒙活動をするに適した場所と、客層を見越したものではないかと思います。

 ということで、スナボア用に90×45×45センチ水槽とインフラ赤球、ソケット、水入れ、床材を購入してみた。20000円ちょっとで飼育に必要な道具の大部分が揃ったので、競合するエクゾ・テラやズーメッドと比べると2割ほど割安感があった。価格の秘密はケージを購入者が自分で組み立てられるようになっている事でしょう(イケアみたいな感じ)。画期的だと思った反面、組み立て方が不十分でヘビなどが逃げる人が居るのではないかとも思った。それにしても買ってから気付いたけど、これ、置く場所がないや(笑)。とりあえずしばらく使ってみてからまた使用感などについて書こうかなと思っています。