2015年9月30日水曜日

禁忌きっず


 たまには細かいことは忘れて、ただただ「美しい」「きれいだ」と感じるものを眺めて過ごしたい・・・という心理になること、ないでしょうか。 人間の感じる「美しさ」とは不思議で、基本的には健全さ、健康さ、善、神聖さなどなどの感覚と共に語られるものの、規範や倫理や良識とは一切かけ離れたところにぽつねんと存在している場合もあるので厄介です。美的感覚がスタンダードからちょっとズレてる爬虫類愛好家の皆さんにならきっと、分かってもらえると思うのですが(微妙に失礼)。




 とりあえずこの数年間でジャグポンドロが急にふつくしくなっていてビックリしたという新鮮な驚きがあったことの備忘録として。2番目の写真は4年前にドイツ・ハムのエキスポへ行った時の写真なのですが、この頃モレリアのハイブリッドものといえばカーポンドロが主流だった中、ジャガーカーペットパイソンとかけたジャグポンドロ(ジャガポンドロ)が一頭だけいたのが印象に残っていました。顔は見えないけどおおよその雰囲気は伝わるでしょうか。繁殖者によるとブリードの方向性も、エキゾチックなカーペットの模様とツリーパイソンのトロピカルなグリーンを融合させることに重きをおくカーポンドロと並行して、ジャグポンドロの場合はとりあえず「一体どうなるんだろ?」という、好奇心から実験的なかんじでやっているという話でした。やはり最終的には「ミドリのジャガー」を目指していたのかもしれないですが、それが思いもしない方向に開花したのが一枚目の個体、デンマークの愛好家のコミュニティで話題になっていた写真です。今後どのような風に成長していくのかがとても気になりますね。




 因みにそのハムでの思い出の一枚がこちら。なんてことない通路から小会場を臨んだところの写真ですが、入り口にアプローチも出来ないほど人がうじゃうじゃして、HBMでもこんなにひどくはなるまいという熱気が伝わってきます。中に入ればドイツジャーマン世界の兄貴達に、ところどころ汗でアイラインのよれてしまったゴス男などの入り混じるモッシュピット状態で、3月だというのにモワモワした温室のような空気感だった。これはこれでけっこう楽しかった思い出です。