2013年10月19日土曜日

 昼間の気温もさることながら、夜急激に寒くなる日々が続いています。このあたり一帯(東海岸北東部)の季節は、長い夏から長い冬に一気に転換するような感じがあります。うちの玄関に居ついているトウブシマリスも先週の末を境に見なくなったので、冬眠に入ってしまったのかもしれません。湖のカメたちも目にしなくなりましたね。今日の午後、少し暖かかったので湖畔を歩いていた所、地元の人が釣り上げていた一匹のキバラガメが久々ぶりに見た野生のカメでした。おもしろかったのは、このキバラガメが一生懸命くいついている釣り糸の先には、釣り人の昨日の残りと思しきフライドチキンがくっついていたのです。カメも冬眠開始秒読みで駆け込み的にカロリーを欲してるんだなと思いました。ヨーロッパでは全く見かけない光景ですが、フライドチキンはアメリカ人の、特に子供や若者の間では結構ポピュラーな釣りエサです。