2013年10月18日金曜日


 街中にハロウィングッズが溢れる季節になりました。上は先週末に行われたシカゴのエキスポで出展された水槽のデコグッズ、右上になにげにツボにはまってしまった「ナガクビ赤ちゃん」も。こういうタイプのキモかわいさや作り過ぎない安いホラー感は、日本人の作るグッズではなかなか出せないもののひとつ。右下のアフリカマイマイ赤ちゃんなどバカバカしくも「とにかくキモがらせ(笑わせ)たい」という意気込みを感じます。

 ベンダーのレポートによると今回かなり盛況でオークョンやその後の懇談会も大変盛り上がったとか。今回はボールパイソンの変り種「フルスケールレス」が売りに出されていたみたいですね。写真を見た感じではナンかのイモムシみたいな雰囲気と質感の可愛いヘビで、ボールパイソン×スケールレスの相性はナミヘビのそれよりも良いのではないかと思いました(かわいさの点で)。ボールのスケールレスは今年の9月に100%遺伝する事が分かったばかりで、今回売られた個体は検証を行ったファームでとれた第一世代だということです。