2014年11月12日水曜日

かわ・ハラ -「カワイイ」と言うハラスメント

人間の考える動物界における「かわいい概念」の代表例 - 砂のお風呂に入る、宅のハムスター


 ヒトが生き物を「かわいい」と言う時、それは同時に「かわいくない」生き物の存在を暗示する。例えば一般社会でいえば、上の写真の様なハムスターは「かわいい」とされる。小さくて、白っぽくやわらかい毛並みがふかふかしていて、黒目がくりくりしていて、木の実や葉っぱを食べ、人間と仲良しだからだ。かたや、「かわいくない」生き物の平均値は、だいたい今挙げた形容詞の逆を考えれば分かりやすい。即ち、でかくて、黒っぽくて、眼がギラギラと闇夜に輝き、ゴワゴワした毛並みかもしくは無毛で、食事は血や肉を貪る系で、人になつかない。生き物を「かわいい」と言う時、私達は無意識のうちに判断を下しているのである。究極的には、自然物である生き物に対して「いい」と「わるい」を、自分の尺度で勝手に裁いているという事でもある。

 我々の大好きな両生類や爬虫類の場合、どことなく親近感を感じさせるカメやカラフルなカエル、半分家畜化された一部のヘビやヤモリなどの場合はまだマシだが、それでも一般的には「かわいくない」に分類される生き物達だ。「かわいい」という言葉は本来、言い手の存在を脅かす可能性が低そうで、立場的にも劣勢のものに対して使われるので、ひょっとすると脅威になる得るかもと想像をかきたてる両爬の場合、根本的に不利だ。もちろん「かわいい」のセンスは千差万別なので彼らにも愛好家が沢山いるが、中には逆を行って、この両生類や爬虫類が世間で「かわいくない」とされている前提を踏まえ、だからこそ好きなのではないかと思わされる人も、ひと昔前などはよく見かけた。彼らは「かわいくない」「こわい」とされている生き物を愛でている自分、という構図を作ることで、婉曲的に高位を示しているのかもしれないと思ったことがあった。そんな時、両・爬は自意識補完薬としても作用するのだ。

 ちょっと脱線したけれど、このように「かわいい」というアイデアはかなり主観的で「かわいくない」側への差別化を促すという、倫理上の欠陥がある。これには実害もあって、最近読んだこの話によると、たとえば自然環境や、生物種の保護活動においても、人々の関心や寄付は「かわいい」「きれいな」動物・・・例えばトラやクジラ、パンダやウミガメ、ホッキョクグマなどに集中し、それらの動物の存在を根底からささえる「縁の下の力持ち」の、小さな植物の仲間や昆虫類、クモ類、ヘビやカエルなどは無視される傾向にあるのだという。この現象は、人間の美的感覚が巡り巡って生物の多様性を失わせる可能性があることを示唆していて、危惧されることなのだ。

 まとめると、何かのイキモノを見て「かわいい」という事は、スーパー上から目線なだけでなく、自然の神秘に対して我ら人類の粗末な尺度を押し付け、あわよくばその良し悪しを判定してやろうと考える傲慢、さらに「悪し」の側に分類されようものならいつの間にか滅びてようが知ったこっちゃねー。金?もちろんやらんよという、あんまりな人類の暗黒面の発露となりかねないのである。あくまで管理人個人の考えですが。よって今日、生き物に対して安易に「かわいい」という事は、ハラスメントの一種であると判断した所存であります。じゃーなんで、両爬虫類の大大大の味方である管理人がロボロフスキーハムスターを3匹も飼っているのか?うん、そりゃまあ・・・。かわいいから生き物として興味深いからである。

じーっ・・・

アシナシ君、お願いだからそんな目でこっちを見なさんな。