2014年2月19日水曜日

Spring is near!

 日本でいえば仙台とほぼ同じ緯度の、東北的気候帯に位置するここバージニア州ですが、先週一週間外気温が5~10度前後まで上がっていました。この池はそれまでは厚い氷で完全に閉ざされていましたが、先週以降薄くなっていく氷の下にカメが透けて見えたりと、春の訪れをなんとなく予感させるような、ここ数日間でした。そして今週ついに倒木の上で日光浴しているトウブニシキガメ達を発見。成体2匹、おそらく2歳程度の子ガメ1匹がのんびりと日にあたっていました。この日は写真の左側に雪が残っていることからも分かるとおり、気温は6℃しかありませんでしたが、テンプガンでカメの甲羅の温度をみてみたところ、なんと20℃以上まであがっていました。暗色の甲羅が思った以上に効率よくカメの体温を上げているようです。