2013年12月29日日曜日



 今年も残すところあと1日となりました。6月に書いたメモに、2013年上半期で気になったヘビのモルフというのを書いてきましたが、今日はその下半期偏を覚え書き、というか走り書きですがちょっと「おっ」と思ったいきものをマークしておきたいと思います。写真はレティックの「スノー」とされる個体。最近ドワーフのモルフも加速度的に増えていて、これは日本の家庭事情を鑑みても嬉しい変化といえます。ただアミメを飼う人々って「おっきい蛇を飼いたい」という特別強い欲求を持っている人が多いと思うので、それらドワーフアミメの人気が出るかといえば、また別の話題となる気がします。

・BWCボア
 1980年代後半発、マハラジャやゴールドがビンビン(死語)だった丁度同じ頃、我らがボアコンモルフも黎明期を迎えていました。その当時生み出された古き良き「ボアウーマンズキャラメル」。これとまたまた古き良きシャープストレインアルビノのミックス配合が、約30年たった今、パラダイムや現在最もナウい(死語)「第二の白いボア」アークティックグローの作出にとってとても重要、というハーペトカルチャー史的ロマン溢れるモルフです。余談ですが、白いボアといえば以前、リューシスティックボアの作出にとあるブリーダーが成功したらしい・・・というような事を書いたことがありましたが、フタを開けてみるとあの個体はブラジルで捕獲されたWCだったのだそうです。先日ニュースでそのブリーダーがブラジルから違法な手段で生体を米国に持ち込んだかどで送検されておりました。なんともロマン溢れない話ですが、このような「なんとなくインチキ臭い人々」が間断なく現れては消えていくのもこの文化の魅力のひとつです。

・ブラッドパイソン「マグパイ」
 特に言う事はありません(笑)
 見たらわかる素晴らしさ。血統によって多少見た目にバラつきがあるようです

・ワキアカガーターヘビ(Thamnophis sirtalis parietalis)「ブルーフェイズ」
 何らかのハイポを思わせる退色の加減によって淡いパステルブルーになっているワキアカガーターの比較的新しいモルフ。新しいといっても、ブリーダーもとでは過去2年位”繁殖プロジェクト進行中”的ステータスになっているので、もしかしたら一代限りの変異なのかも。

 次点 Macropisthodonのヘンテコな仲間達。中国人のフィールドハーパーのウェブサイトを見ていて分かったんですが、ハブモドキのみにスポットがあたっている感があるこの仲間、他にも魅力的な種が非常に沢山いたんですね。興味深かったです。